シミに効く美白化粧品

どんなシミに悩みが?

ある程度の年齢になると、シミの悩みをもつ女性が増えますが、実際どんなシミが多いのか。詳しい統計とかは分かりませんが、やっぱり紫外線を原因とする老人性色素斑というのは多いみたいです。よくあるタイプで輪郭もはっきり分かり、どんどん濃くなっていくような気がしますし、紫外線は誰でも浴びてるのである程度は仕方ないのかなと思います。特に30歳を過ぎて、ターンオーバーが乱れてくるとどうしても厄介な存在になってきます。
他でいうと、雀卵斑といわれるソバカスなんかもそうですね。あとは肝斑(かんぱん)でしょうか。これもだんだん増えてくるみたいです。
シミが出来ると何が困るって何だか老けて見えるからです。化粧で隠そうと思ってもなかなか隠せないこともあるし。やっぱり努力はするんです。シミに効く化粧品を使ったり、ピーリングしたり、洗顔をかえてみたり。あらゆることを可能な限りしようとするんですが、それでも一向にシミが薄くならない、消えないとなんだか気分的に落ち込んでしまうこともありますし。


シミの原因も人それぞれ

紫外線の刺激によって、メラニンが生成されるんですが、それが過剰だったりすると、それがシミとなって残ってしまうこともあります。
本来、ターンオーバーで、こういったメラニン色素は排出されるもののようですが、そのサイクルの乱れにより、メラニンがうまく、若い頃のように排出されないようになると、シミとなって残ってしまうわけですね。
やっぱりシミの原因の最もなのは紫外線だと思いますが、決してそれだけではないようです。特にホルモンのバランスの乱れや睡眠でしょうか。
ですので、美白化粧品だけでシミを消すとか薄くするということが出来るかどうかは、今のシミの種類や原因にもよるというわけですね。
何より今の自分のシミがどういったタイプのものかを見極めることも大事ですが、微妙なのもありますし、そんなの知りませんでしたね。
出来れば信頼できる皮膚科の先生に相談するというのがいいのかなと思ったりします。

シミといってもこんなに種類が

もっと細かい内容なんでしょうけど、分かった範囲で書いています。内容があってるかどうかは専門サイトで詳しくチェックしてみてください。

老人性色素斑

日光性黒子とも呼ばれるよくみられるシミですね。紫外線を原因としているので、年齢とともに輪郭がはっきりしてきたり、濃くなってきたりします。年齢的には早ければ20代でもできます。顔や腕や背中などの露出の多い部分によく見られます。

炎症性色素沈着

ニキビ痕がシミになったのをこう呼ぶそうです。

肝斑

かんぱんと読みますが、左右対称なのが特徴のようです。主な原因は女性ホルモンの乱れと言われますが、どうやったらその乱れを改善できるかというと、やっぱり生活習慣なんでしょうね。

ソバカス

別名で雀卵斑と呼ばれるだけあって、小さなシミが鼻を中心に点々と出来るんです。

他にもありますが、まあこんな感じです。
シミと併せて「くすみというのもよくみかけますが、くすみは顔全体がなんだか暗くなってる感じでしょうかね。これも原因も様々なようですが、もちろんシミとは違います。

シミに効く化粧品を探す

いろんなシミの種類がありますが、そのタイプによって化粧品で効果が出る可能性もありますが、レーザーでないとどうにも出来ない状態の場合もあるようです。結局その辺りの判断が難しいですし、今までそんなこと気にしてことありませんでした。いわゆるシミに効く化粧品というのは美白化粧品と呼ばれていますが、それにもいろんなタイプがあります。予防目的のものが多いですが、中には出来たシミにも良さそうなのもあります。
ある程度の期間使ってみないと分からないでしょうね。それとレーザー治療にするかどうかも迷うところですが、レーザーをすると確かに手早くシミを消すことが出来るかもしれませんが、消えてもまた同じ場所にシミが出来たという話もあります。
その部分に過去に大量に紫外線を浴びてると、当然その部位にはシミの予備軍がたくさんあるわけですからね。もっと根本的な解決方法を考えたいところです。